■ 小野田寛郎(ひろお)さん亡くなる

 小野田寛郎(ひろお)さんが亡くなった。戦後30年以上、終戦の事実も知らぬままフィリピンの山奥に独り隠れていた。昭和49年に見つけ出された時は大ニュースとなり、その帰国を国挙げて歓迎した。
 私は前後して米国ボストンに留学していたが、その頃小野田さんがボストンを訪問されて、日本人グループで話しをされた。彼は和歌山県の出身、私の妻が同県人ということで、親しく会話にも応じてくれた。鋭い目付き、時に厳しく折り目の正しいことが印象的。大ジャングルの中、孤独と風雪がこの風貌を作り上げたのだろう、そこに日本人の原型を見た。
爾来、小野田氏は今日まで国の内外で青少年育成などに尽くされて来たという。そのご苦労に対し勲章でも栄誉賞でもあげてくれたらいい。享年91歳。