■ 中国の防空識別圏問題と国連安保理

 中国の防空識別圏について議論が続いている。自民党としても抗議文を出そうということになった。米海軍が軍用機を飛ばしたが、何も起こらなかった。日本も海自の飛行機を飛ばしたという情報もある。もし中国もこのまま黙れば、防空識別圏指定発表の権威が失われる。

 自民党の会議で私は、「中国は抗議や理屈で訴えてその発表を撤回したり、謝ることはない。目に見える行動をこそ起こさなければならない。国際司法裁判所に訴えるなども考えられるが、「国連安保理」への提訴も考えておくべきだ。安保理は北朝鮮の核問題などで大騒ぎしたなどを考えると、国際平和を決定的に乱すこの問題こそ安保理に相応しい。」と発言した。賛同は出なかったが、安保理提訴という対外的行為こそかの国へ最も効果的対抗措置であり、それこそ安保理の本来の仕事であると確信する。
皆様はどう考える。