■ 自民党、圧勝

 参議院選挙は自民党が圧勝した。連立公明党と共に絶対安定多数を確保した。戦前の予想の通りであるが、改めて身が引き締まる。はっきりしていることは、安倍政権が長く続くということ、少なくとも(次の参議院選挙までの)3年間は衆議院解散もないこと、この間にどれほど思い切った政治をやるか。自民党としては今回の選挙の圧倒的支持に応えることこそ一番の政治的責務であるが、決して数を驕ったりしてはならない。近くは消費税引き上げ問題を決めることになり、中長期には憲法改正問題を避けては通れない。衆参ねじれが解消した以上、これからの政治の是非は全て自民党に帰する