■ 飯島氏、北朝鮮訪問

 25年度予算が成立した。案の定参議院では野党が反対したため、衆議院との再協議など国会手続きは深夜に及んだ。結果が分かっているのに手続きを踏むというのは時に無力を覚えるが、民主主義では止むを得ない、隣接する国々のようにいつの間にか決定が降りてくるよりはるかに良い。

 飯島勲官房参与が突然北朝鮮に渡っているのがビッグニュースとなった。成算ありとの行動であろう。うまくいけば安倍内閣、自民党ともさらに人気はアップする。なんとか拉致問題の糸口となればいい。核実験、ミサイルも一旦取りやめた、北朝鮮も結構悩んでいるのであろう、日本からの歩み寄りを期待している。

 飯島氏は元首相小泉氏の元秘書。その昔神奈川県(中選挙区時代)で選挙を争っていた。にっくきライバルの参謀として切り結んだ思い出も遠く懐かしい。当代随一の舞台回しと言われている。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    羽野 克之 (金曜日, 17 5月 2013 05:33)

     原田議員様 、はじめまして。
     先生のご活躍は、ネットだけではありますがブログ等で拝見しております。甘木在住の者でございます。
    コメント欄に大変失礼とは思いましたが、前年末一応自民党を応援した一人としてこの日の事で思い切ってコメントさせていただきました。
     飯島氏北朝鮮訪問の報道も驚きましたが同じ日の、
    "自民党が与謝野馨元官房長官を復党させる方針を固めた、復党について近く党紀委員会で協議する"、
    との報道の方が驚きました。
     与謝野氏といえば、自民党を離党した後民主党政権に加担し閣僚までになった最悪の裏切り者だと思います(私は初めてこの事から政治が気になり始めました)。
    与謝野氏が復党すれば、現在アベノミクスで復活しかけた日本経済を再びデフレ不況に戻り、現在の自民党は信用を失うとしか思えません。
     私個人と言うか国民の意見としても与謝野氏が復党することは望んでいないと思います、
    どうか、与謝野氏が復党(現在の自民党自体の期待を失うと思います)することがないよう、
    党紀委員である原田先生にお力添えをいただけないものでしょうか。
     これからも、日本のために頑張って下さい!