■ 韓国、外相会談を中止

 麻生副総理ら3閣僚が靖国神社を参拝したところ、韓国が外相会談を中止にしたという。相変わらずのことで、遺憾に思う。参拝するかどうかは心の問題で、よその国に気兼ねするものではない。韓国はこうして我が国を揺さぶろうとする。自分らはどうか、前の大統領は公然と天皇を貶めた。慰安婦問題では全く反省しない。この国に温情をかけても無駄なことが多い。竹島記念式典をやめたり、わざわざ高官が出掛けたりすべきでない。日本の外交は弱い、朝貢外交ではないかといつも揶揄される。外交とは相互主義である。毅然と胸を張って、NOという勇気を持たなければならない。