■ 予算委員会での質問。ボストンマラソンでの爆発事件

 衆議院予算委員会で質問に立った。安倍首相に対して直接対峙して、経済運営、TPP問題、尖閣諸島と中国外交、さらには「領土領海省」構想、など取り上げた。それなりに準備してきたが、久しぶりの大舞台で大いに緊張した。時間配分の誤算など不満足な出来で更なる修練が必要と反省した。

 

  ボストン・マラソンの現場でテロによる無差別爆発が起こりアメリカを国家的な恐怖に落としている。ボストンは私にとって「第二の故郷」。テレビに出てくる場所や名前いずれも馴染みのもの、そこが今惨劇の舞台と化している。悲しみと怒りが込み上げてくる。