「過払金ってどんなもの?」

 .

最近、テレビやラジオのCM、チラシなどでよく「過払金を取り戻しませんか」という言葉を聞きますが、過払金というのはどういうものですか?私にも取り戻せるお金があるのでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------

 A.

「過払金」とは、利息制限法で定められた金利以上の利息を過去に支払っていた場合、その払いすぎている利息は、本来、金融会社が取ってはいけないものなので、その会社から返してもらえるお金です。正確には、過払金を返してもらえる権利であり、過払金返還請求権と言います。


 利息制限法の金利は、元金が10万円未満であれば年20%、元金が10万円以上100万円未満であれば年18%、元金が100万円以上であれば年15%が、それぞれ上限として定められているので、それ以上の利率で利息を払っていれば、過払金があり、それを取り戻せる可能性があります。


 具体的に、利息制限法の金利以上の利息であった取引は、一部を除く消費者金融会社、信販会社のキャッシング取引などです。銀行や信用金庫との取引や、自動車ローン、信販会社のショッピング取引などは、もともと法定金利以下の商品がほとんどなので、過払金がある可能性はとても低いといえるでしょう。


 また、平成18年から平成22年にかけて、過去に高い金利を取っていた金融会社も、利息を法定金利以下に下げてきているので、平成22年以降に借り始めた場合は、やはり過払金がある可能性は低いです。


 それ以前から取引がある場合は、既に借金を返済し終わっている場合はもちろんですが、現在、借金が残っている場合でも、過去の取引で生じた過払金で借金が無くなり、更に過払金として取り戻せる場合もあります。

 

 もっとも、過払金があるとしても、いつでも取り戻せるわけではありません。原則として、最後の返済から10年経ってしまうと、消滅時効によって過払金を取り戻す権利は無くなってしまいます。


 また、過払金が取り戻せる権利があるとしても、実際にお金を取り戻せるかどうかは、金融会社の体力に左右されるという面もあります。極端な場合、金融会社が倒産してしまったら、過払金を取り戻すことはほぼできなくなります。


 そのほか、過払金がありそうかどうか、あるとして取り戻せそうか(どの程度取り戻せそうか)は、様々な要素によって変わってきますので、もし、ご自身にお心当たりがあるのであれば、一度ご相談ください。