氏名の変更について

 

Q・

 

氏名を変更することは可能でしょうか。

 

------------------------------------------------------------------------ 

 

 A・

 

1 氏名は本人を他人と区別するために一生使われる社会生活上必要なものですが,各人が生まれたときに自分の意思で名付けることができないものですから,氏名を変更したいと思う方もおられるでしょう。

 

 しかし,氏名はそう簡単に変更できるものではありません。「氏」も「名」も,変更するには家庭裁判所の許可が必要です。「氏」と「名」とで変更できる場合が異なりますので,「氏」と「名」それぞれについて見ていきましょう。

 

 

2 「氏」は通常,婚姻などの身分関係の変動とともに変わりますが,当事者の意思により「氏」を変更することが,一定の場合に認められています。もっとも,離婚後に旧姓に戻す場合などを除いて,原則として,「やむを得ない事由」がなければ,「氏」の変更ができません(戸籍法107条1項)。

 

 

  「氏」が本人と他人を区別するために社会生活上必要であることや,「氏」を変更すると同一戸籍内の者や子孫も「氏」が変わることになるため,要件は厳格に解されており,「やむを得ない事由」とは,「氏」の変更をしないとその人の社会生活にとって著しい支障をきたす場合とされています。

 

 

  たとえば,珍奇,難解,難読な「氏」などの場合,「氏」を変更することが認められています

 

 

3 「名」の変更は,「氏」の変更よりも社会的な影響が小さいことから許可されやすく,珍奇,難解,難読という場合だけでなく,性別が間違われやすい,親族や近隣の人,有名人と同姓同名である,といった場合にも変更が許可されます(同法102条の2)

 

 

4 このように,氏名を変更することは可能ですが,先祖代々受け継がれて来た「氏」や,両親が愛情を込めて授けてくれた「名」ですので,変更に当たっては慎重にご決断ください。