『期限をつけずにお金を貸したとき』

 身近なお話ですが、友人から頼まれてお金を貸したとする、「いつでもいいよ」と返済期限を決めないことがトラブルのもとになるのです。


 相手の経済状態は良くなったはずなのに、一向に返そうとしない。意を決して催促したところ、返済の期日がないのでもう 少し待って、と言って逃げようとする。折角の好意と友情が壊れてしまう…。


  返済期日の定めがない場合でも貸主は「相当の期間を定めて」催告をすることができます(民法 591条1項)。「10日後には返済して」とか「○月○日には」と期日を明示すればその期日が法律的効果を持つこととなるのです。金銭の貸し借りはトラブルの種となりますので、やるなら契約書や借用書をきちっと受け取り、返済期日をはっきりさせることは当然のことです。


  そのうえで、友人間での金銭の貸し借りはできるだけやめた方がいい、小額ならむしろくれてやる方が人間関係であとを引かない、と私は教えられたことがあります。長い友情が僅かなお金で潰えるなど両方にとって悲しいことですからね。