慰謝料って何?

 

1 慰謝料=精神的損害の賠償金

 

離婚や交通事故、名誉棄損、セクハラなどの様々な場面で、「慰謝料を請求する」「慰謝料を支払う」などと、「慰謝料」という言葉が使われます。この「慰謝料」、漠然と損害賠償の意味で理解されている方も多いのではないでしょうか。

 

その理解は、法律的には正確ではありません。損害は、“経済的な損害”と“精神的な損害”とに分けられますが、このうち“精神的な損害”を賠償するお金の意味で、「慰謝料」という言葉を使うことが一般的です。

 

2 経済的損害と精神的損害

 

たとえば、交通事故によってケガをした場合、ケガの治療費や、ケガのために仕事を休まざるを得なかった期間の給料などの損害が生じます。このような、交通事故が原因で支出した金額や、交通事故がなければ得られたはずの金額が“経済的損害”です。

 

これに対して、“精神的損害”とはいわば内心の痛みですから、精神的損害の賠償とは、内心の痛みを与えたことに対する償いを意味します。そのため、どのような要素をどのように考慮して精神的損害の額(慰謝料額)を算定するかは事案ごとに異なり、いくらが適切かという判断はとても難しいものです。

 

3 慰謝料額の相場?

 

もっとも、同じような事案が数多くある類型のトラブルですと、慰謝料額算定の基準が存在するものもあります。たとえば、交通事故でケガを負った場合の慰謝料額については、治療に要した入院と通院の期間を主な要素として算定する基準が存在します。そして、この基準を指標として慰謝料額が算定される場合が多く、そうして算定された慰謝料額の多くは妥当なものといえます。

 

ただし、慰謝料額は、「様々な要素をすべて考慮すると内心の痛みを慰謝するにはこれだけの金額が必要である」という考えに基づくものです。基準がある場合でも、その基準は考慮すべきすべての要素を網羅できていませんから、これを信頼しすぎるべきではありません。

 

基準がない類型ではなおさら適切な金額の判断は難しいものですので、高すぎる慰謝料を支払う、安すぎる慰謝料しかもらえない、といったことのないよう、やはり専門家である弁護士にご相談いただくのが安心です。