Q.

     弁護士会照会という制度について教えてください。

 

 ---------------------------------------------------------------------------------

 

 A.

 

 1 みなさんは,弁護士会照会という制度をご存知でしょうか。

 

 

弁護士会照会とは,弁護士が,受任している事件について,所属弁護士会に対し,公務所又は公私の団体に照会して必要な事項の報告を求めることを申し出,当該所属弁護士会が,その申し出に基づき,公務所又は公私の団体に対し,必要な事項の報告を求めることができる制度です(弁護士法23条の2)。

 

 

かかる弁護士会照会は,裁判をする際に必要となる証拠を収集するための手段として,幅広く利用されています。

 

 

2 弁護士会照会のメリットとしては,他の制度では入手困難な情報が入手できることが挙げられます。

 

 

例えば,通信事業会社宛てに電話の契約者情報の開示を求めたり, プロバイダ宛てにIPアドレスからの登録者情報を求めたりすることができます。

 

 

また,省庁に宛てて,法令の行政解釈を求めたり,検察庁宛てに実況見分調書などの不起訴記録を求めたりできます。

 

次に,相手方に知られずに情報を入手できることがあることもメリットとして挙げられます。

 

 

例えば,条件を満たしていれば,相手方が銀行に有する預金の有無・残高,取引履歴などを,相手方の承諾を得ずに開示してもらえることがあります。

 

 

3 一方,デメリットとしては,①費用がそれなりにかかること,②個人情報保護や守秘義務が優先され,費用をかけても情報が入手できないこともあることが挙げられます。

 

 

4 このように,弁護士会照会にはメリット・デメリットがありますが,証拠の優劣で判決が大きく変わる裁判制度において,自己に有利な証拠を収集するためには非常に有効な手段ですから,弁護士が利用を提案した場合には,是非ご検討ください。

 

 

  なお,弁護士会照会で得られた情報は,目的外の使用は禁止されていますのでご承知おきください。