小銭のお話し

 

Q.

  あるとき、たまった小銭を処分したくて、1,000円の買い物するときに、1円玉や5円玉、10円玉ばっかりで1,000円分支払おうとしたら、お店の人から受け取りを拒否されました。
 小銭とはいえ、お金はお金なのだから、受け取らないのはおかしいのではないですか?

 ---------------------------------------------------------------------------------

  この場合の受け取り拒否は違法ではありません。

小銭(=硬貨)には、『強制通用力』というものがあります。強制通用力とは、平たく言えば、「お金の支払いとして有効かどうか」です。


 そして、小銭の強制通用力は、法律によって、「額面価格の二十倍までを限り、法貨(=強制通用力があるお金)として通用する。」と定められています(通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律第7条)。

 

つまり、10円玉なら20枚(200円分)までは、支払いとして有効ですが、それより多い枚数だと、強制通用力はありません。
 強制通用力が無くても、受け取る相手が支払いとして有効と認めてくれれば、何の問題もありませんが、逆にいうと、受け取る相手は、額面の20倍より大きい小銭は、支払いとして受け取らないことができるということになります。

 

なお、お札(日本銀行券)には、このような制限は無く、何枚でも支払いとして有効です。

ちなみに、日本の通貨が“円”なのも、硬貨が1円、5円、10円、50円、100円、500円と決められているのも、この法律によって定められているからです。

 

通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律は、法律家でもなかなか見る機会がない、ちょっとマニアックな法律ですが、意外と身近なことを定めている法律です。