「妻が夫の名前で勝手に買い物をしてしまったら!」

 

-----------------------------------------------------------------------

 

先日,近所の電器店で,妻が私の名前を勝手に使い,15万円もする最新機能のついた電子レンジを分割払いで買ってきました。

 

確かに,今まで使っていた電子レンジは古くなっていたのですが,そんな高価な電子レンジを買わなくても…。

 

妻が勝手に買ってきた商品代金も私が支払わなければならないのでしょうか?----------------------------------------------------------------------------

  

 

民法761条は,日常家事債務についての夫婦の連帯責任を定めています。

 

日常家事債務とは,日常生活に必要な衣食住・医療・教育等の費用や,そのための借入れのことです。

  

この法律は,夫婦と取引をする相手方を保護するためにあります。

 

「妻が勝手に買ったものだから,夫に支払責任がない」ということになると,お店側は,日常的な取引であっても,注文の都度夫の会社に電話で確認する等しなければ,安心して取引できないということになってしまいます。

  

それでは,15万円の電子レンジを購入することは,夫婦の日常家事の範囲内といえるでしょうか。

 

日常家事の範囲内かどうかは,夫婦の社会的地位や職業,資産,収入,どのような行為・契約を行ったのかを総合的に考慮して判断されます。

  

現代において,電子レンジは贅沢品ではなく,生活必需品といえるでしょう。

また,一般家庭においても,最新機能のついた電子レンジを購入することは,おかしなことではありません。

 

このようなことを考慮すると,あなたの収入が一般的なものであれば,15万円の電子レンジの購入も夫婦の日常家事の範囲内とされ,あなたに代金の支払義務が認められるのではないでしょうか。

  

このようなことがないよう,普段から夫婦のコミュニケーションを取っておくことが大切ですね。