「多重債務」から立ち直る

Q.

 複数のサラ金から借金をして返済を迫られ家族にも言えず苦しんでおります。過去を反省していますがどうぞご教示下さい。

A.

 勇気を出してよく相談されました。複数のサラ金から借金し厳しい催促を受けている場合を「多重債務」として、いつの時代も大きな社会問題となっています。実はこれらサラ金はお互い連絡を取り合い、A社の借り分をB社が返す形をとってB社への借金が更に増える、全体の借金がみるみる増えていくケース(「借金地獄」)もあるのです。


 取り立てに来る人は銀行やローン会社などの債権者から低価格でその債権を買い取っている(譲り受けている)場合が多く、基本的に額面の交渉には応じるもので、真剣に交渉すれば 30%から 10%くらいまでに借金額を減額することも可能です。


 あなたが全く無資産なら「自己破産」も最後の砦ですが、相手と交渉することで債務の減額や金利の減免、また3年くらいの分割で支払いを伸ばすなど「民事再生」、「任意整理」などの手続きも用意されています。


 決してあきらめず、真摯に交渉すれば必ず道は開けます。まず周りと相談すること、そしてご家族のために今度こそ立ち直って下さい。