ペットの飼い主の責任

 

Q. 

 

飼い犬が人を咬んでしまいました。私はどのような責任を負うでしょうか。

 

-----------------------------------------------------

 

A.

 

1 動物の占有者(動物の飼い主等)の責任については民法に特別の規定があり、動物が他人に損害を与えた場合には原則として損害賠償責任を負います(民法718条1項)。ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、免責されます(同項ただし書き)。

 

 もっとも、裁判例によると、「相当の注意」は厳格に解されており、動物の飼い主が免責されることはほとんどありません。

 

相当な注意をしたと認められるためには、少なくとも、飼い犬の種類、性質に応じて、丈夫なリードを使用する、リードを短く持つ、しつけを十分にする、場所に応じた管理方法を採るなど、他人に損害を与えないための十分な対応をする必要があるでしょう。

 

2 以上から、飼い犬が他人を咬んでしまったときは、損害賠償責任を負う可能性が高いといえます。その場合、治療費や交通費などの積極的損害(実際に出費した損害)、会社を休んだために得られなかった給料などの消極的損害、慰謝料などの精神的損害を賠償する必要があります。

 

 もっとも、咬まれた側にも飼い犬を挑発したなどの過失があれば、過失相殺(同722条2項)により、損害賠償額が減額されます。

 

3 上記のような責任を負うことになりますので、ご自身の飼っているペットが他人に危害を加えることのないよう、ペットの飼い主の方には、ペットの管理方法をしっかりとなさっていただく必要があるでしょう。