ブラックリスト?

Q.

 借金を滞納したり、破産したりすると、“ブラックリスト”に載ると聞きましたが、ブラックリストとはどういうものなのでしょうか?

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------

 

A.

  まず、世間で言われるような“ブラックリスト”(=お金を借りられない人のリスト)というものはありません。


 法律上は、お金を借りるための条件や、要件は基本的には無いからです(例外として、貸付金額が収入の三分の一を超える場合は、過剰貸付になるとして貸付が禁じられている、いわゆる総量規制があります。貸金業法第13条の2)。
 
 その代りではありませんが、『信用情報機関』という組織があります(株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)。銀行が会員となっている信用情報機関として、一般社団法人全国銀行協会が運営する全国銀行個人信用情報センター)。

 


 信用情報機関は、個人に対する貸付を行う業者を会員として、会員である貸金業者が顧客との契約や取引内容について信用情報機関に提供し、信用情報機関が「誰が、いくら借りているのか。」といった信用情報を収集、管理する組織です。

 


 この信用情報には、ローン等の契約や申し込みに関する情報だけではなく、滞納や破産といった、いわゆる“事故情報”と呼ばれるものも記載されます。
 
 各貸金業者が、お金を貸す際に、この信用情報機関に顧客の信用情報を照会し、借入の残高や、取引の内容、事故情報と言った情報を参照して、貸すか貸さないか審査をしています。

  事故情報が信用情報にあるからと言って、貸してはいけないという決まりはありませんが、一般的には、そういった情報がある人は、貸金業者からお金を借りたりしにくくなることになります。

 最近では、携帯電話の端末を機種変更などで購入する際に、分割払いという取引も多いですが、この携帯端末の分割払いも、割賦ということで滞納すると信用情報に登録される扱いとなっているようです。

  以前滞納した情報が信用情報に登録されて、次に分割払いで購入できないということもあるようです。 
 また、奨学金の滞納も信用情報に登録されるので、注意が必要です。

 

 

 

  ただ、こういった信用情報は、永遠に登録されているわけではありません。登録される情報の内容にもよりますが、5年以内から長くても10年で抹消されます。