クーリングオフについて

 Q.

 

 2週間前に、訪問販売により太陽光発電システムの勧誘を受けて設置契約を結びましたが、改めて冷静に考えてみたところ、事業者から渡された書類にはいつ工事が完了するのかなどが書かれていなくて、よくわからない点もあり、不安になってきました。解約したいと思いますが、可能でしょうか。

 

 -----------------------------------------------------------------------------------

 

A. 

      結論としては、解約できる可能性があります。

 

訪問販売により太陽光発電システムの設置契約を締結した場合、法律が定めた契約に関する書面(以下「法定書面」といいます。)を事業者から受け取った日を1日目として数えて8日以内であれば、特に理由がなくても、契約を自由に解約することができます。この制度をクーリングオフといいます。

 

ご相談の内容によると契約から既に2週間が経っているとのことですが、ポイントは、契約を結んだ日ではなく「法定書面を事業者から受け取った日」から8日間はクーリングオフができるということです。

 

そして、事業者は、法定書面に、設置工事の種類や代金額だけでなく、代金の支払時期や工事の完成時期、事業者の名称や住所など契約に関する重要な情報を記載しなければなりません。

つまり、これらの情報が一部でも記載されていない書面は、法定書面とは評価できません。

 

そうすると、事業者から書面を渡されていたとしても、その書面にこれらの情報が一部でも記載されていなければ、法定書面はまだ渡されていないことになり、したがってクーリングオフができる8日間のカウントはまだ始まっていないことになります。

 

8日間を過ぎてしまっても、諦めるには早いのです。

 

ご相談のケースでも、工事の完成時期などが記載されていない書面を渡されたとのことですので、今でもクーリングオフができる可能性があります。

 

もっとも、記載の不備が軽微なものであったり、契約締結から長期間が経過しているなどといった場合は、クーリングオフをすることが権利の濫用であるなどとして解約が認められない可能性もあることに留意が必要です。

 

とはいえ、クーリングオフは、訪問販売以外にも、キャッチセールスやエステ・結婚サービス、クレジット(ローン)契約など、消費者として締結する様々な契約に使うことができますので、その場の雰囲気から断れずに契約してしまったけれど解約したいというときは、まずは速やかに弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

 

 

 

以 上