衆議院災害対策委員会質疑                            平成30年5月24日

------------------------------------------------------

平成29年7月5日

朝倉市・東峰村大雨による災害に関する情報  

 多くの皆様が、今回の大雨により被災され大変な思いをされております。現地にお見舞いに上がり、ご意見、ご要望をお聞きし懸命に対応しておりますが、全ての方々のご意見、ご要望をお聞きできてはおりません。

 是非、お困りの事や情報がございましたら何なりとご連絡ください。

 

 

連絡先) 原田義昭事務所 TEL 092-928-8061

             FAX     928-1055

                  衆議院議員 原 田 義 昭 

【九州豪雨ボランティア情報】

 

朝倉市)080-2300-3558  090-6569-4983

      毎日午前9時~同11時 杷木久喜宮1594-2(旧杷木パレス)

東峰村)090-6569-4753  090-8348-2864

      小石原焼伝統産業会館

      090-8348-2899  090-8348-2962

      東峰学園

      ともに毎日午前9時~同11時に受付

------------------------------------------------------

主権と平和は

  

「法の支配」で守れ

   中国の違法開発を「国際仲裁裁判所」に訴えよ

 

店頭展示販売書店 ご案内 

 

【 福岡 】
ジュンク堂書店 福岡店
〒810-0001 福岡県福岡市中央区 1丁目10−13
メディアモール天神 B1~4階
時 間: 10時00分~21時00分
電 話: 092-738-3322  
紀伊國屋書店福岡本店
〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街2−1 博多バスターミナル6f
営 業: 10時00分~21時00分
電 話: 092-434-3100  

〇イオン筑紫野店内 蔦屋
〒818-0042  福岡県筑紫野市立明寺434番地1

営 業 :9時00分~21時00分

電 話 :092-918-5757

 

【 東京 】 
〇新宿 紀伊國屋書店新宿本店
〒163-8636 東京都新宿区新宿3丁目17−7
時 間: 10時00分~21時00分
電 話: 03-3354-0131     
ジュンク堂 池袋本店
所在地 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-15-5
時 間: 10時00分~21時00分
電 話:03-5956-6111

 

【 大阪 】
紀伊國屋書店 梅田本店
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1−1−3 阪急三番街
営業時間:10時00分~22時00分
電話: 06-6372-5821 

 

 

------------------------------------------------------

 

【 尖閣を守れ

東アジアこそ世界平和の要衝

尖閣をはじめ、日本を取り巻く外交問題「 原 田 義 昭 」が鋭く切り込み激白 !!

              参考販売価格 1,000円

-------------------------------------------------------------------------------------

 

自由民主党 党員募集!!

あなたのチカラが、この国のチカラになる。

≪ 党員になっていただける方  ≫

入党資格

------------------------------------------------- 

① わが党の綱領、主義、政策等に賛同される方

② 満18歳以上で日本国籍を有する方

③ 他の政党の党籍を持たない方

 

◎ 入党申込書に氏名、住所、電話番号などを記入し、党費を添えて、最寄りの支部にお  持ちください。

◎ 党費:一般党員 年額    4,000円

     家族党員 年額    2,000円

     特別党員 年額 20,000円  以上

◎ 2年目以降の党費納入は、自動引き落としのご利用も可能です。ご希望の方は、都道府県支部連合会までご連絡ください。

◎ 申し込みには、紹介党員が必要です。知り合いに党員がいない場合は、ご地元の支部にご相談ください。

◎ 家族党員として入党するには、同一世帯に一般党員1名が必要です。

 

入党すると、「あなたも自民党総裁選で投票すること」ができます。

総選挙の前2年継続して党費を納めた党員の方は、総選挙の有権者になります。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 

今日一日, 考えたこと (ブログ)

2018年

6月

18日

■ 高速増殖炉「もんじゅ」への視察

  福井県敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」を自民党資源エネルギー調査会会長で地元福井県出身の「山本拓」議員らと視察しました。「もんじゅ」は次世代の原子力エネルギーとして開発、一部実証成功にまで到達する30年以上の大国家事業であったが、運転事故や地元の反対運動などによって、政府は遂に昨年、事業の廃止を決定するに至った。これまでの科学的成果や情報の蓄積をどう評価し、かつこのサイトを今後どう振り向けるかは今政府部内で検討されているところであるが、一度是非その現場を見ておきたいとの思いで、今回の視察となった。
  極めて厳重な警護と身体の放射能安全対策を講じた上で、原子炉格納容器にまで入り、今後の運営指針や廃炉対策などを説明された。なお先日は「溶融塩炉(MSR)国際フォーラム」に出席した米国と中国からの研究者らも東京から同行しており、彼らも現場で真剣に質疑していた。
  日本のエネルギー基本計画では原子力の位置付けにつき未だ決め切れないものが多く、原子力雄県「福井県」がこれらにどう役割を果たしていくか、注意深く見守っていかなければならない。

               <写真は、視察後の質疑応答、なお視察内は撮影禁止>

 

2018年

6月

16日

■ 野党にだけはなりたくない、大臣不信任決議 議論

  国会も会期末となるといつも起こるのが本会議での「大臣不信任決議」案。委員会審議の不備や不手際などを巡って、野党が大臣や担当委員会の委員長を名指して「解任せよ」と提案する。昨日は国土交通大臣、一昨日は内閣委員長。本会議では延々と演説が続き、最後は堂々巡りの「記名採決」、短くても3、4時間はかかる。
  実は、ここから何も生まれない。結果は初めから分かっている、提案する野党も通るとは思っていない。衆議院での与野党差はほぼ 3対1 。およそ議会というのは数がモノを言う。委員会では大いに議論はするが、結論(採決)は大体最初から分かっている。不満を持つ野党は、審議の政策議論以外の戦術に走る。審議を引き延ばしたり、ボイコット(棄権)したり、その最たるものが、大臣不信任や委員長解任の提案。結果は分かっていても、野党はその政治的効果を目指す。
  filibuster(フィリバスター)は「議事妨害」と訳されているが、どこの国の議会にもあるとされる。ルールの範囲内で少数派に与えられたぎりぎりの抵抗策で、ある意味、議会民主主義が健全に機能している証左とも言える、独裁的国家ではあり得ないこと。

  とにかく野党にだけはなりたくない、と強く自覚する瞬間でもある。

2018年

6月

15日

■ 「溶融塩炉」国際フォーラムと私

  国会内の大会議室で「溶融塩炉(ようゆうえんろ)」と呼ぶ次世代型の原子力エネルギーを研究、開発していこうとする国際フォーラムが行われた。自民党エネルギー調査会と民間の研究組織との共催によるもので、有馬朗人元東大総長を中心に文科省、資源エネルギー庁の担当者、米国と中国の技術者が2人づつ、政治家、企業、学者、学生など総勢200人が出席した。
  現在の軽水炉型原発は、様々の課題を克服しつつ、当面は運転を継続していくが、中長期的には次世代型原子炉の研究、開発は不可欠であり、この溶融塩炉方式は、放射能を多く発生せず、管理も安全かつ経済的で、さらには使用済み核燃料の減容化にも役立つという優れた特色を持つ。すでに米国と中国では実用段階の手前まで来ているとされ、東欧や途上国でも研究は進んできているが、わが国こそその取り組みが遅れ気味といわれている。

  私は昔「トリウム溶融塩炉」の権威者で京都大学「古川和夫」教授とご縁を得て、2010年10月には溶融塩炉に関する国際大会を東京で手伝ったことがある。翌年には東日本大震災が起こり、また古川教授も程なくして亡くなり、私も政治に忙殺されていた。
      数年前から関係者が集まりその復活を求めて来た。時は福島原発の是非が徹底議論されているところで、私は意を決して昨年6月、東京で大々的な国際大会を開き、本問題の検討を再開した。以後、自由民主党の資源エネルギー調査会の正式テーマとして取り上げ、今回の国際フォーラムとしたものである。
      私は、経済産業省(資源エネルギー庁)の出身者として、原子力エネルギーの重要性と問題点は十分に理解しているつもりで、将来のエネルギー源の切り札として様々の活動を続けているところです。

2018年

6月

14日

■ トランプ大統領と金正恩委員長、一夜明け

  米朝首脳会談も一夜明け、論評は様々。大成功、よくやった、「ノーベル平和賞もの」との誇張もないわけでないが、手堅くいうと、厳しい声の方がどちらかと多いか。曰く、「完全非核化」の具体的行程を決めてない、北朝鮮の体制は保証し、制裁圧力も事実上解除、米韓軍事演習も取りやめるとのアドリブも、一体にトランプ氏は譲り過ぎでないかとの意見。非核化に掛かる費用負担は全て韓国と日本が持つ、との発言には両国とも腰を抜かしたに違いない。トランプ流、彼は颯爽とかの地を去って行った。

  されど、米朝が会ったという事実は歴史的にも地球的にも、非常に大きい、トランプ氏でなければ恐らくあり得なかった。あの徹底した制裁措置、他の誰にもなし得なかった。歴史にも外交にも「イフ」(If)はない。後は来たる現状を踏まえて、どう手を打つかだけである。「拉致問題」も形だけは提起したらしい、然し(極く当たり前のことだが) 結局自分でやれということを日本人に決意させた。

  くどいようだが、北朝鮮の背後には中国がいる、金正恩氏の往復飛行機には、当然のように五星紅旗(中国国旗)が貼ってあったことを忘れてはいけない。

 

2018年

6月

13日

”哲人”マハティール首相、国会を激励

  マレーシアのマハティール首相が来日し、議員会館 大会議場で与野党議員に挨拶された。22年間首相を務め、辞めてから15年、この度政治混乱の選挙を収めて再び首相に復帰した。御歳92歳という。哲人と呼ぶに相応しい、益々矍鑠(かくしゃく)として、新しい時代に向けてしっかり頑張るようにと、私たちに強い激励を送られた。
  氏は往年、「Look East (日本を見習え) 政策」を高らかに掲げて、懸命にマレーシア国の発展に努力された。成長と発展が軌道に乗ってからも常に親日的、日本の停滞に対し、励ましと助言を続けてきた。
  健康法は、との質問に、本人は医者という、「食事に気をつけており、美味しいものこそ食べ過ぎないように、と母親からいつも言われていた」と答えた。

      目の前を通られたので、私は握手も頂いた。温かく柔らかい手であった。

 

2018年

6月

12日

■ 歴史的、米朝首脳会談

  シンガポールにて、歴史的なトランプ大統領、金正恩委員長の首脳会談が行われた。世界注視の中、両首脳が会ったこと自体が大事であって、あとはいかにも段取り通りで、余りに透明度も高く、「完全非核化」という深刻なテーマについては具体的な方式もスケジュールも示されなかった。劇場を見るが如く壮大な演出で、トランプ氏の選挙(中間選挙)を意識したものといわれても已むを得ない。ジャパンアイテムの「拉致問題」は本当に取り上げられたのか。
  世界の安全保障に緊張緩和が訪れたことは良いことであった。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

衆議院予算委員会海外公式派遣(フランス・ドイツ・ロシア・中国)   平成27年10月25日~11月1日

-------------------------------------------------------------------------------------

 

■ 国際情報検討委員会発足

 中国や韓国による第三国での反日宣伝に対抗する情報発信戦略を構築するため、自民党が「国際情報検討委員会」を27日にも発足させることが分かった。

  委員会では米国での中韓両国の宣伝活動を調査。米国に政府の情報戦略拠点を設置し、対抗のための情報発信を行うことを検討する方針だ。

 同委員会の設置は、中韓両国が安倍晋三首相の靖国神社参拝や慰安婦問題などを引き合いに日本の批判キャンペーンを強めていることから、誤った認識が世界に広がることを抑制し、情報発信で攻めの姿勢に転じることが狙いだ。

 

自民党外交・経済連携本部(本部長・衛藤征士郎衆院議員)の下に設置。 

委員長は、原田義昭衆院議員が就任する方向となっている。 

 同委員会では、米国内で行われている中韓両国の宣伝活動を中心に調査し、ロビー活動や議員外交、市民運動、教育機関の連携なども幅広く精査する。宣伝活動の狙いを総合的に把握することで、日本との外交案件にどのような影響を及ぼしているかを分析し、日本の情報発信戦略に生かしていく考えだ。 

 さらに、中韓両国に対抗する情報発信戦略を有効的に実行するため、政府全体の情報発信を統括する新組織や在外拠点の設置も検討する。NHKの国際放送のあり方を見直すことも議論していく。官民の役割分担を研究し、政府組織への予算確保とともに、民間活動への資金援助も視野に入れている。

                                産経ニュースより

国際情報検討委員会 委員長として安倍首相に報告(報告後官邸にて記者会見様子)
国際情報検討委員会 委員長として安倍首相に報告(報告後官邸にて記者会見様子)
引き続き 菅官房長官へ報告
引き続き 菅官房長官へ報告

-------------------------------------------------------------------------------------